ノーベル文学賞を見守る会
ご案内

今年もノーベル文学賞を見守る会を10月6日(木)19時15分から行います。
zoomで配信しますので、ご興味のある方は下記リンクよりお申し込みください。
https://forms.gle/iorVpCztzMWJ69mt7

趣旨

「ノーベル文学賞発表」と聞いて、日本作家にしか注目しないのはもったいない! そんな思いで、候補とされる世界の作家を読みながら、毎年の発表を見守る活動をしています。
また、「候補作家を読む」をテーマにした同人誌の制作も行っています。
活動にご関心のある方は、ぜひお問い合わせください。

発行物

ノーベル文学賞候補作家を読む 2022年版
2022年11月発行予定

ノーベル文学賞候補作家を読む 2020年版
2020年10月発行

ノーベル文学賞候補作家が描くそれぞれの恋
2021年10月発行

ノーベル文学賞候補作家を読む 2021年版
2021年10月発行

注目の作家

🇸🇮ドラゴ・ヤンチャル(スロベニア・1948-)
国家・組織と個人との対立を描く。昨年、日本の文芸イベントで対談を行った。https://www.youtube.com/watch?v=Sg-pxGnO0iA
邦訳書なし。作品は小説「Ringing In The Head」「I Saw Her That Night」など。

🇸🇾サリーム・バラカート(シリア・1951-)
アラビア語で創作するクルド人作家。スウェーデンに移住。作風はマジック・リアリズム。
邦訳書なし。作品は小説「Debris of the Second Eternity」など。

🇺🇦ユーリー・アンドルホーヴィッチ(ウクライナ・1960-)
長年ウクライナ文学を牽引してきた詩人・小説家。詩人グループ「ブハブ」の創設者。
邦訳書なし。作品は小説「The Moscoviad」など。

#東京小説読書会